湖衣姫コンテスト総集編 〜あれから1ヶ月〜

湖衣姫コンテスト総集編 〜あれから1ヶ月〜

信玄公祭りの前夜祭として開催される湖衣姫コンテスト。今年で15回目を数え、2018年度は吉田花音さんが見事にグランプリに選ばれました。武田信玄公の側室である湖衣姫(諏訪御料人)になぞらえ、グランプリには賞金30万円の他、豪華な副賞が贈呈され、翌日の第47回信玄公祭り「甲州軍団出陣」に湖衣姫役としての参加していただきました。

今回は「湖衣姫コンテスト総集編〜あれから1ヶ月〜」と題して、コンテスト参加者の募集活動から当日の様子、そしてコンテスト終了後のグランプリ、準グランプリのコメントを紹介したいと思います。

まずはグランプリ、準グランプリからの受賞後のコメントを紹介します。


【グランプリ】

吉田 花音さん

この度は湖衣姫コンテストのグランプリに選んでいただき、ありがとうございます。
湖衣姫として行列を歩くことが小さい頃からの夢で、その夢が叶って本当に嬉しかったです。
私がこのグランプリという賞をいただけたのは、このコンテストの主催者様をはじめ、審査員の方々、友人、家族のおかげです。
私は二次審査通過の連絡をいただいたとき、正直あまり自信が持てず、本番まで不安しかありませんでした。しかし多くの方々が声をかけ、背中を押してくれ、また、ファイナリストの皆さんと本選までたくさんの活動があり、お互いの仲を深めることで、だんだんと自分に自信をつけることができたと思います。コンテストでは周りは気にせず、自分らしくをなによりも大切にしました。信玄公祭りで歩いてるときも、多くの方々におめでとうと言っていただいたり応援してくれていた方々が駆けつけてくれたりと、本当に感謝の1日でした。私は山梨県で生まれ育ったことを誇りを持っています。
これからはこの山梨県に恩返しをするつもりで、山梨のたくさんの魅力を全国に広げていけたらと思っています。最後になりますが、湖衣姫コンテストに関わってくれたすべての方に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。


【準グランプリ】

山口 奈々美さん

この度は、第15回湖衣姫コンテストにおいて準グランプリという素晴らしい賞を頂き、本当に感謝でいっぱいです。私は今まで自分に大きな自信を持つことができず、億劫になってしまうことが多々ありました。しかし、約二週間という短い期間の中で自分を見つめ直し自分磨きをしていくうちに、私は少しずつ自分に自信を持てるようになりました。そして、そのような心身の変化とこのコンテストに携わっていただいた全ての方々のご協力、また大好きな家族や友人の応援のおかげで、準グランプリになることができました。このような貴重な経験をさせていただけたことに、本当に感謝しています。これからも、この経験を糧にして更に努力していきたいと強く感じています。ありがとうございました!


【準グランプリ】

菅谷 鈴夏さん

湖衣姫コンテストを通して改めて故郷山梨の良さを実感すると共に、感謝の思いをより一層持つようになりました。何より楽しみながらコンテストを終え、結果として素晴らしい賞を頂けたことに素直に喜びを感じます。準グランプリということに悔しさもありますが、今後もこの経験を糧に、全てに対する感謝と尊敬を忘れず心身ともに陶冶して参ります。ありがとうございました!


今年は2月17日から湖衣姫コンテスト参加者の募集を開始しました。JCプロモーション委員会を中心として(社)甲府青年会議所のメンバーがイオンモール甲府昭和 、ラザウォーク甲斐双葉 にてその場で募集活動をおこないました。

出張募集活動は計8回おこなわれ、買い物中にも関わらず多くの方に足を止めていただき「18歳以上の山梨を愛する女性」という募集要項を満たす方々約170名のエントリーを募ることができました。

募集活動中には山梨日日新聞 様に取材をしていただき、翌日の紙面に掲載していただきました。多くの皆様のエントリーをいただくとともに、湖衣姫コンテストの周知につながりました。ご協力ありがとうございました。

出張募集活動、郵送、そして今年から導入したホームページからのエントリーにより総エントリー者数は231名にのぼりました。

エントリーの締め切り後、すぐに一次審査として書類選考が(社)甲府青年会議所 事務局にておこなわれました。写真だけからでははかれない湖衣姫への想いをくみ取るために一枚一枚に目を通して慎重に審査がおこなわれました。一次審査を通過した皆様には電話連絡にて通過のご連絡と二次審査のご案内をさせていただきました。

二次審査では審査員が見守る中、一次審査通過者の皆様による自己紹介、自己PRがおこなわれました。湖衣姫への想いやイメージ、そして自分が湖衣姫になったらといったテーマで審査員との質疑応答がなされる中で一人一人が思い思いの形で応答し、PRをしていました。

見事、審査を通過した7名のファイナリストの皆様にはラジオ出演のほか、当団体の事業に出向いていただき、湖衣姫コンテスト当日のPRをおこなっていただきました。素直で清楚な一面のかたわらでラジオ出演前の笑顔や緊張の面持ちにはあどけなさを感じとることができました。

そして、迎えた4月6日。

ファイナリストの7名は期待と緊張の中、ステージに登り観客の皆様に武田信玄公の湖衣姫になりきりスピーチパフォーマンスをおこないました。観客の皆様の目には誰もが「山梨を愛する女性」に映ったことでしょう。

コンテストはフィナーレにさしかかり、いよいよグランプリの発表となりました。7名のファイナリストの全てが湖衣姫に相応しく、審査員の皆様も慎重に選考をおこなったことでしょう。準グランプリに山口奈々美さん、菅谷鈴夏さん、そしてグランプリに吉田花音さんが選ばれました。

こうして第15回湖衣姫コンテストは幕を閉じました。グランプリの吉田花音さん「山梨を愛する女性」の湖衣姫として山梨のために活躍してくれることでしょう。来年はどんなドラマが待っているのでしょうか。気が早いようですが楽しみにしたいと思います。

当日の様子をもっと詳しく→第15回 湖衣姫コンテストが開催されました。

2018-07-14T17:28:18+00:00